12月21日は冬至です。

冬至というのは昼が短く夜が長くなる日です。

また、冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。

にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかんなど「ん」のつくものを運盛り といい、縁起をかついでいたのです。

運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

では、なぜかぼちゃを食べるのでしょう?

調べてみると、かぼちゃを漢字で書くと南瓜(なんきん)。

つまり、運盛りのひとつであり、陰(北)から陽(南)へ向かうことを意味しています。

また、かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的です。本来かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が効くことから、冬に栄養をとるためとのことでした。

冬至といえばゆず風呂でしょ。という方もいるかと思います。

こちらも調べてみると、冬至に柚子湯に入る由来は、運を呼び込む前に体を清めるといった意味があったからだそうです。

昔は今と違って毎日のようにお風呂に入らなかったので、お湯に浸かる事自体がお浄めの意味があったようですが、そこにさらに香りの強い柚子を入れる事によって、邪気を払うといった意味もあったようです。

また、融通が効く湯治=柚子が効く冬至といった語呂遊びの要素もあったと言われています。

寒い日が続きますので体調管理に気をつけてお互いがんばりましょう!!

 

sk-imedia.com