郷土館の季節開放に行ってきました!

8月14日から今日まで季節開放されている郷土館に行ってきました

郷土館に入ると小惑星探査機「はやぶさ」の活躍をまとめたパネルが中央に展示されているのが見えます。

f:id:sukegawaan1:20180815225711j:plain

 

その横には牛田克彦氏が作った版画が並んでいます。

版画の数はなんと900点!

f:id:sukegawaan1:20180815234316j:plain

f:id:sukegawaan1:20180815234403j:plain

牛田氏の実体験を元に一枚一枚丁寧に作られています。

版画を作った牛田氏のお話を聞くことができました。

牛田氏はこの町で生まれ育ち、妹背牛の小学校で教職に就いていた方です。

妹背牛町の成り立ちや、現在に至るまでの経緯など、とても参考になることを教えていただきました。

 

版画の原板作りの様子も見せてもらいました。

細かいところまで彫り込む作業はとても根気と集中力が必要そうでした。

f:id:sukegawaan1:20180816110233j:plain

f:id:sukegawaan1:20180816110305j:plain

先着30名までの来場者プレゼントもいただきました。

f:id:sukegawaan1:20180815234436j:plain

上が流行り病や水害が起きた時に家を消毒する様子、

下がお祭りの時の様子を描いた版画です。

牛田氏のお話を聞いた後に牛田氏の版画を見ると、とても感慨深いです。

施設内を進むと当時使われた農機具や道具も展示されています。

ここまで展示物との距離が近いのも珍しいと思います。

f:id:sukegawaan1:20180816110553j:plainf:id:sukegawaan1:20180816110431j:plain

www.chiikiokoshi-moseushi.com

季節会館は本日16時までです。興味がある方はぜひ、妹背牛町郷土館へ足をお運びください!